VYOND「背景(Background)(Template)を追加」する方法

背景の追加

VYONDではシーン(Scene)に、背景を追加することができます。
こちらでは背景の追加方法をまとめています。
※シーン自体の追加方法はこちら

動画で解説

このページ内容を動画でサクッと解説しています。


以下は、画像による解説です。

背景には大きく2パターンある

背景には、「Background」と「Template」の2種類があります。
以下において、それぞれの解説をします。

Backgroundとは

Backgroundは、背景のみになります。
(人物・物などがない)

Background画像

Backgroundの一覧を動画で見る

もちろん、Backgroundに、人物や画像を追加していくことは可能です。
それでは、引き続き「Backgroundの追加方法」を解説します。

Backgroundの追加方法

Backgroundの追加は、右上アイコンから行います。
シーン選択時の右上アイコン

1:Backgroundアイコンをクリック

シーンが追加されている状態で、右上の「Backgroundアイコン」をクリック。

Backgroundアイコン

2:「None」をクリック

「Backgroundアイコン」をクリックすると、下にウインドウが開くので、さらに「None」をクリックします。
Backgroundの追加方法1

3:「タイプ」を選び、「カテゴリー」を選ぶ

一般的 or 現代風」のタイプを選択し、
場所 or 模様」のカテゴリーを選択します。

Backgroundの設定方法2

4:クリックで追加できます。

自分のイメージに合った背景を選びクリックすればタイムライン上にBackgroundが追加されます。

Backgroundの追加

上記がBackgroundの解説でした。
ここからは、Templateの解説に移ります。

Templateとは

「Background」に、人物・画像・アニメーションなど、追加されたものが「Template」です。
Template(キャラも動きます)

Template一覧を動画で見る


では、Templateの追加方法を解説していきます。

Templateの追加方法

Templateの追加は、タイムライン上から行います。
全体画面からのタイムライン

1:「シーン」を右クリック

タイムライン上にある「シーン」を「右クリック」して「Choose Template」を選択
※タイムライン上の「+アイコン」を左クリックしても可能です。

Choose Template

2:タイプを選択

「Choose Template」をクリックすると、上にウインドウが開きます↓
Templateのウインドウ
そこから、さらに3タイプ(一般的・ホワイトボード風・現代風)から「色調」を選びます。↓

シーンの3タイプの色調

3:カテゴリーを選択

そして、さらにカテゴリー選びます。

シーンのカテゴリー

  • CS(顧客満足)
  • Catering(出前)
  • Charts(グラフ)
  • Concepts(発想)
  • Education(教育)
  • Finance (金融)
  • Goverment(政府)
  • HR(人事)
  • Healthcare(健康)
  • Holidays(休日)
  • Home(自宅)
  • Industrial(工業)
  • Insurance(保険)
  • Layouts(設計)
  • Leisure(レジャー)
  • Loos(ロゴ)
  • Marketing(マーケティング)
  • News(ニュース)
  • Office(オフィス)
  • Pirate(海賊)
  • Sceens(スマホなどの画面)
  • Shopping(買い物)
  • Space(宇宙)
  • Sports(スポーツ)
  • Super Heroes(ヒーロー)
  • Technology(機械)
  • Text(文章)
  • Training(トレーニング)
  • Travel(旅行)

4:選んだシーンをクリック

気に入ったシーンをクリックすれば、タイムライン上に追加されます。

Templateが追加されます。

テンプレートのアイテムは編集可能

テンプレートには、たくさんの人物・画像が含まれています。
それらの各アイテムは、それぞれ「位置・サイズ」を変更したり削除することも可能です。
Templateの編集解説
また、人物の「動き・表情」でさえも変更が可能なので、いくらでもカスタマイズ可能というわけです。

気に入った背景がなければ

たとえ、気に入った背景がなかったとしても、そこに人物画像をいくらでも追加できます。
Background・Templateに追加は自由に可能
例えば、牧場に「ブタ」がいなかったとしてもブタの画像を自分で追加するという具合です。

VYONDの背景やテンプレートは、完成度が高いので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です